意義の深さを知る新潟の太陽光発電

震災で電気を得られないことが、どんなに辛いことかを味わった人達は、新潟の人達だけではないのですが、天災を目の当たりにした時こそ、自然エネルギーの重要さを感じたのは、私たち個人だけでなく、国や自治体においても当然のことでした。
その後の太陽光発電の導入は、それ以前よりも高くなったのはその認識に違いありません。
国も設置目標のパーセンテージに達したということで打ち切った助成が復活したくらいです。
けれども、新潟は、太陽光発電に向いていないと錯覚する人が時々います。
気温が低いとソーラーパネルの温度も低いという考え方ですが、発電は暑さ寒さではなく、明るさであるのです。
日照時間が長ければ、発電に有利であると言われています。
震災の影響を受けた人達は、電気が生活の快適さだけでなく、人の心身の健康にも大いに関係があることを身をもって知っています。
その後も、ちょくちょくと水害などの天災もあり、電気の復旧が何日も遅れて、ストーブを購入するために、店に行列ができたというのも、ついこの間のことでした。
システムの設置が、例え費用の回収の見込みがつかないものであっても、つけておくべきだと東京に住んでいる私の友人も言っていました。
連続した停電の中、太陽エネルギーで救われた人は多く、そのお陰で体調不良にもならずに生活ができたという話を聞くと、その意義は、お金に換算できるものではないからです。
我が家もその友人の言葉に触発されて太陽光発電を導入しました。

This entry was posted in メリットを知る. Bookmark the permalink.

Comments are closed.