新潟で設置するメリット

太陽光発電は環境に優しくエコな電力供給源としてとくに東日本大震災以降注目を浴びていますよね。
自宅で利用するための電力供給源としてはもとより発電量が消費量を上回った場合は電力会社に売電が出来るなど生活する上でメリットが大きいですね。
台風や地震で停電になってしまった際に蓄電された電気を使用することが出来ることも太陽光発電を設置するメリットと言えるでしょう。
太陽光発電のエネルギー源はまさに太陽ですので日照時間の長短によって発電量が左右されることは容易に想像出来ますよね。
null新潟は日本海に面した雪国ですので冬季の降水量が多く日照時間が短いです。
この時期には積雪もあって地域によっては1メートルを超える積雪もあります。
しかしながら4月から10月の期間では例えば東京よりも日照時間が長く年間日照時間は1643時間に達します。
ちなみに東京は1881時間で東京と比べると若干短いですがこの日照時間は冬季も含めたものですので、
新潟は冬季を除けば太陽光発電を行う十分な環境が整っていると言えます。
新潟で太陽光発電のシステムを設置するメリットは十分にあります。
太陽光発電のシステムは一度設置してしまえばその後のメンテナンスはほぼ不要であると言われていますが、
新潟のように降雪がある場合は屋根に設置された太陽光パネルが雪で覆われてしまうので、
取り除く必要があります。
太陽光パネルが雪で覆われてしまえばパネルに太陽光が十分行き届かないので発電量がグッと下がるないしはゼロになってしまいます。
ですが最近では新潟のような降雪地域にも対応した太陽光パネルが開発されて設置されています。
屋根融雪システムとして積雪量の多い地域に普及しています。
ですので相当量の雪が一時的に降らない限りはメンテナンスは不要なのです。
以上を踏まえると新潟で太陽光発電のシステムを設置するメリットは大といえますね。
太陽光発電のシステム設置に際し現在新潟県から補助金は交付されておりませんが、
国や新潟県内の市町村では補助金が交付されているのでこの制度を活用すれば、
数十万円単位の補助が受けられます。
新潟にお住まいの方はこういった補助金を利用して太陽光発電を設置されてみてはいかがでしょうか。

This entry was posted in メリットを知る. Bookmark the permalink.

Comments are closed.