新潟のような雪国での太陽光発電の設置

新潟県で太陽光発電の設置を考えている人も多いでしょうが、問題は雪国だということです。
山間部においては積雪が3mにも4mにもなるため、太陽光発電の設置はできるのかと言うのが疑問視されます。
結論からいうと、設置は状況によるといった部分が大きくなるでしょう。
例えば、新潟で太陽光発電を設置した後でのデメリットは、「モジュールが積雪によって隠れてしまうことで発電できなくなる」、「モジュールが雪の重みに耐え切れなくなる」と言うようなことがあげられます。null
また、太陽光発電自体の総重量もかなりの重みとなっています。
実際の重量はモジュールの設置枚数によるので一概は言えませんが、300kg程度はかかってくると考えておくといいでしょう。
そのため、太陽光発電システムと積雪の重量で家屋が持つかという問題もあります。
しかし、全てにおいて設置不可能というわけでもありません。
実際に多雪地域用の太陽光発電システムも製造されていますので、利用する太陽光発電システムは限られてくるかもしれませんが、設置自体は可能です。
ただし、上記のようなトラブルがないとも言い切れませんので、まずはメーカーや代理店、設置業者などに問い合わせてみた方がいいでしょう。
こうしてみると、雪国の方が太陽光発電を導入してもデメリットしかないようにも見えてしまいますが、実際は気温が低い方が発電率は上がるとも言われているのです。
現在、多くのメーカーが多雪地帯の太陽光発電を開発しています。
現時点では問題点もありますが、そのうちに多雪地帯で太陽光発電が活躍する日も近いでしょう。

This entry was posted in 設置に関すること. Bookmark the permalink.

Comments are closed.