失敗しないためにはポイントをしっかり押さえましょう

太陽光発電の導入に失敗しないためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。
太陽光発電システムの導入に失敗しないためにまず頭に入れておくべきことは、どのような方法で設置工事をするのか業者に確かめることです。
どのような工事をしてシステムを屋根に取りつけるのか、その時に屋根に穴を開けるのか、といったことをきちんと業者に確かめてから契約をしないと、工事のときに屋根に穴を開けられてしまって後々雨漏りのトラブルになってしまうこともありますので注意しましょう。
nullまた、太陽光発電システムを設置したものの、思ったほど発電量が多くない、というのも、太陽光発電導入の際のよくある失敗例のひとつです。
発電量が思うようにあがらない理由として挙げられるのは、発電メーターが正常に動いていない、発電量の計測が不正確である、設置工事実施前の発電シミュレーションが不正確である、のいずれかです。
悪質な業者の中には、発電のシミュレーションの計算値を改ざんするところもありますので、設置工事を契約する前に発電のシミュレーションにはとことんこだわって正確な数値を求めるようにしましょう。
また、太陽光発電システムの設置工事をしたあとによくある失敗のもう一つのでは、パワーコンディショナーなどの室内機器の音がうるさいということです。
発電量がまずまずでも、パワーコンディショナーの音がうるさいとどうしても気になってしまうことがあります。
このようなことにならないように、パワーコンディショナーを設置する場所には注意しましょう。

This entry was posted in 失敗を防ぐ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.