失敗しないための太陽光発電

最近話題の太陽光発電システムですが、導入に際して失敗しないように気をつけるポイントの説明です。
失敗しない導入のポイントは性能と価格について自分が納得がいくかというところです。null
折角購入した太陽光発電パネルが思ったよりも発電しないというクレームがあるようです。
これは一般的に太陽光発電パネルはメーカーによって発電力が異なります。
それは使っている方式が異なるからなのですが、この開発コストと原材料のコストによって、パネルの価格が大きく異なるのです。
現在日本で普及している太陽光発電パネルは個人の家では、比較的安価なものが普及しています。
というもの、200万円くらいするものですので、少しでも初期投資をおさえたいということでパネルは安めのものを購入する人が多いのです。
また、最近では最初から新築の家にエコ住宅として搭載されているものがあります。
これも、比較的割安な太陽光発電パネルを設置してお客様の関心を集めています。
もちろん、性能と価格は比例するものであり、高額なものはそれだけたくさん発電することができます。
たくさん発電できるということは売電も多くなり、初期投資を回収するメリットも多くなりますので、最終的には家計にとって負担が少ないのは高額なパネルという考え方もあります。
ただし、使っていくうちにトラブルがあって補修の必要があったり、一概に発電力と価格のみで効果をはかることはできませんが、自分がだせる初期投資の額、予算の中でよい性能のものを選ぶのが失敗しないコツだと思いますよ。

This entry was posted in 失敗を防ぐ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.