発電の仕組みとシステムの構成を知ろう

太陽光発電の設置工事の施工にあたり、太陽電池モジュールの取り付けとか、周辺機器の取り付けなどという流れが登場しました。
では、太陽光発電の仕組みはいったいどうなっているのでしょうか。
太陽光発電システム設置により、ご家庭に配備されるシステムの詳細を確認しておきましょう。
まず、屋根に取り付けられる鏡のような板、これを太陽電池モジュールと呼んでいます。
表面にある太陽光パネルで太陽の光を受けて太陽光を吸収し、直接電気に変えていきます。
この太陽電池で作りだされた電気は直流電気のため、そのままではご家庭で使用できないものです。
太陽電池はシリコンなどの半導体で作られています。
この半導体に太陽光が当たると、日射の強さに比例して発電を行います。
そのため、同じメーカーの同じ太陽電池を利用しても、日当たりがよいほど、日射時間が多いほど発電量は多くなります。
太陽電池で作られた直流の電池は接続箱という機器を通じてパワーコンディショナに集められます。
パワーコンディショナは直流の電気をご家庭で使える交流の電気に変換する機器です。
このパワーコンディショナの性能の良さで、電力変換効率に差が生じます。
電力変換効率が高いほど、直流の電力を無駄なく交流に変えることができ、電力変換効率が低ければ、せっかく発電した電気にもロスが生じてしまいます。
すなわち、ご家庭の電力をまかなうために必要な同じ電力を得るうえでは、太陽電池モジュールによる発電量の大きさだけでなく、パワーコンディショナの性能も大きく影響をもたらします。
電力変換効率が低ければ、同じ電力を得るために、多くの太陽光発電量が必要になってくるので、システム全体を通じて、無駄なく効率よく発電するシステムになっているかを検討することが大切です。
パワーコンディショナで直流に変えられた電気は分電盤を介して、ご家庭内の各電気製品へと渡って行きます。
そのほか、太陽が出ない日や夜間に電力会社から電力を買う時に作動する買電メーターや、余剰電力を電力会社に売る時に作動する売電メーターが屋外に取り付けられます。
また屋内には発電量や電力消費量、売電量・買電電力量・電力自給率などがリアルタイムで表示されるモニタやエコ監視モニタと呼ばれるものが設置されます。


Comments are closed.